通販で医薬品を購入しても値段は一緒?

通販とドラッグストアの薬品価格比較

ドラッグストアと通販の医薬品の価格の相違

その商品が一般的に安いか高いは、あくまで比較から考えますね。 医薬品に関しては実際ドラッグストアで買うのと比べて安く手に入るのでしょうか? なかなか手に入らない薬品や近くにドラッグストアがない場合は通販大変便利ですが、そうでない時はやはり購入する価格は大変重要なポイントですね。

医薬品を通販で買う時の価格は安いか

一般的医薬品はこれまではネットでは購入できませんでした。
理由としては劇薬も含まれ副作用もある医薬品の取り扱いに考慮したためですが、2013年の薬事法の改正により、ほとんどの医薬品がインターネットでも購入できるようになりました。
実質的にはこの法案の施工が2014年に行われその後すべての一般医薬品がネット経由で入手できます。
使用に注意が必要と区分された「要指導医薬品」以外はネット通販で購入ができます。
「要指導医薬品」は「医療用医薬品」の事ではないので処方箋が必要ということではありませんが、薬剤師との対面購入が義務つけられている薬品のことです。
薬品の内容としてはまだ使用実績が少なかったり安全性に注意が必要な特定の解熱剤や育毛剤、風邪薬などがあります。
ですが、まだはっきり区分がされていないものもあり今後有識者の意見などを踏まえてインターネットで購入できるようになる商品も含まれていると言えます。
現在のネット通販医薬品サイトは実に1500以上にも上ると言われていますが、実際はどんな年齢層やどんな理由で購入するのでしょうか。
年齢層としては20代から40代の働き盛り世代が多く理由としては常備薬などは仕事で日中病院に行けないし薬局にも行けないとか、やはり価格が安いと考えている人が多いようです。
価格を一番の理由に挙げた人々は全体の70%近くにもなります。
その様な実態からも価格はドラッグストアーと同じではなくむしろ安いと言うのは事実の様です。

おすすめリンク

豊富な種類から選べる魅力

ざっくり医薬品の通販サイトを開いてみても、風邪薬、鼻炎薬、胃腸薬などそれぞれ200~300種類も出てきます。 もちろん誰でも知っている知名度の高い薬から、聞いたことがない製薬会社であったりもします。 しかしすべてが国から認可されているれっきとして製薬会社の製品ですから安心して購入できます。

医薬品を通販で購入する場合の注意点

ネットで医薬品を販売する側にはたくさんのルールが設けられています。 どのような規則になっているのでしょうか。 すべてのサイトでそのルールは守られ、基準は満たされているのでしょうか。 購入者サイドはどんな点に特に注意してサイトを選んだらいいのでしょうか。