通販とドラッグストアの薬品価格比較

ドラッグストアと通販の医薬品の価格の相違

どんな買い方が得か

医薬品の通販サイトではその種類の多さに驚きます。
風邪薬でも300以上から選ぶことができますから、実店舗より選択肢においては圧倒的に有利ですね。
またサイトによっては一つの商品の価格比較も記載があるのでどこのサイトから買ったら得かもわかります。
一商品で価格が1000円を超えるものが、他社と比べて200円もお得なら10個購入して2000円の利益或いは節約になり、送料がかかってもまとめて購入すると結果的には安く手に入れられたと言いうことになります。
まとめ買いで5000円以上とかある一定の金額になれば送料無料になる場合が多いので買い方には工夫が必要です。
常備薬としての胃腸薬や頭痛薬など毎月必ず必要な薬があれば、計画的に購入すれば確かに経済的ではありますね。
のど飴や軟膏などもその他の種別として多数あるので不足があるものをチェックして管理すればよい買い物ができると言えます。

ジェネリックに変えてみる

ジェネリック薬品は既存の薬と同一の有効成分を使って作った医薬品です。
低価格で新薬同様の効果があり、安心安全で個人の医療費負担をぐんと減らせると言います。
まったく同じ効用とよく聞きますが、若干の不安要素があるという人もいます。
有効成分以外の添加物はジェネリックのメーカーの独自のものになるので実際わからないというのが理由です。
しかしこちらはごくまれなケースと考えてよいかと思います。
ジェネリックは価格的にはかなり安くなっており、現在通販サイトでも購入できます。
勿論種類も豊富でビタミン剤や、鼻炎薬なども詳細情報から既存の薬品名も確認することができます。
通院している病院でも指定をジェネリックとしている人も多いので通販でジェネリック薬品を購入するとかなり節約できるかもしれません。


この記事をシェアする