通販とドラッグストアの薬品価格比較

医薬品を通販で購入する場合の注意点

ネット通販で医薬品を買う時の注意点

医薬品の通信販売にはルールがあります。
原則的に購入できる医薬品は一般医薬品のみで劇薬を含む要指導医薬品は販売できません。
またインターネットで販売するときは実店舗がある薬店であることや、そのほか営業時間や、実店舗同様薬剤師の常時配置など様々な規約があります。
違法サイトはこれらの条件を満たしていない全てのサイトを指します。
また未承認の薬や、成文表示がない、あっても偽造であるなど気を付けないと大変です。
ではそれでもなお販売者も購入者も後を絶たないのは価格の安さも大きな要因となります。
通販で医薬品を安く買いたいのは当然ですがあまり安いからと調べないで購入すると即座に人体に影響がでる場合もあり大変危険です。

違法サイトで被害を受けないために

住まいが辺鄙な地域であったり、内容を隠したいから病院に行きたくない理由があるなどで簡単にネットから手に入れたいと安易に考えている人が利用してしまうことが多い違法サイトですが例えサプリメントであっても口から体内に入り蓄積されるものなのですから、体に異変が来てからでは遅く、そんなに簡単は治らない場合だってあります。
問国個人輸入のサイトでは注意が必要でしょう。
薬剤師などの専門家の役割の一つとして常にこれらの情報を入手して危険性を広く伝えるということもしています。
中にはダイエットサプリメントや生薬も含まれています。
購入者が気を付けるポイントは、サイトのトップページに店舗の名称があるか、実店舗の写真が掲載されているか店舗の所在地の明記や電話やメールでの質問に対応しているか、事実メール交換ができるか電話にも出るかなどちょっとでも怪しい点があったら購入しないことですね。


この記事をシェアする